スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷中霊園(谷中)

谷中霊園1
上野から谷根千あたりをぶらぶらと放浪しました。
まずは谷中霊園。
ここはさくら通り、桜の花の季節は、桜のトンネルになりきれいなところです。

谷中霊園案内図
管理事務所で案内図をいただきます。
ここ谷中霊園は、徳川家15代目将軍慶喜や鳩山一郎・横山大観などの墓所があります。
都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれ、徳川慶喜など徳川氏の墓は寛永寺墓地にあります。

慶喜公墓所1
徳川慶喜公の墓所に着きました。
こちらは立ち入りできません。

慶喜公墓所2
柵の外には説明書きが書かれています。

慶喜公墓所3
入り口の所には葵の御紋。
威厳があります。

慶喜公墓所4
中には石碑もあり、こちらにも説明があります。

慶喜公墓所5
こちらが慶喜公のお墓。
古墳のような形をしています。
上部は茸石円墳(きのこいしえんぷん)のようです。

慶喜公墓所6
こちらは正室の美賀子さまのお墓です。
他にも徳川家のお墓が近くにありました。

お伝墓所
そこから管理事務所の近くにまで行くと髙橋お伝のお墓。
日本で最後に斬首刑に処せられた女囚。
仮名垣魯文の「高橋阿伝夜刃譚」のモデルとなり、「明治の毒婦」と呼ばれているようです。

お伝墓所2
詳しい説明があります。

天王寺五重塔1
幸田露伴の小説五重塔のモデルとなった五重塔跡。
1908年に天王寺より寄贈され、1957年に谷中五重塔放火心中事件で焼失するが、東京都が史跡に指定した。

天王寺五重塔2
こちらも写真と説明があります。

天王寺五重塔3
佐々木譲の警官の血にも登場する。
時間がなくて、ゆっくり散策できなかったので、また来てみたいと思います。

東京都台東区谷中7丁目

烏森神社(港区新橋)

烏森神社1
新橋駅の烏森口を出て、少し歩くと飲屋街の間に参道があります。
ここが烏森神社。
烏森神社のホームページによると、古くこのあたりが武蔵の国桜田村と呼ばれていた時代には、松林で「枯州の森」あるいは「空州の森」と言われていたらしいです。松林には、烏が多く集まって巣をかけていた為、後には「烏の森」とも呼ばれるようになったという話です。

烏森神社2
奥にすすむと結構大きな建物です。
椙森神社(日本橋)柳森神社(神田)と併せ「江戸三森」として古くから崇敬され、明治6年にはこれまでの烏森稲荷社の社名を烏森神社と改め、新橋烏森の守り神として多くの人々の信仰を得たようです。
ここは新橋の飲屋街の真ん中の異次元空間ですね。

愛宕神社(東京都港区)

愛宕神社-1
職場から御成門経由で虎ノ門方面へ行くと愛宕神社の入り口があります。
鳥居の先には急な階段が見えます。

愛宕神社-2
階段のすぐ下まで来て見上げるとこんな感じです。
ここが有名な出世の石段です。
三代将軍、家光公が芝の増上寺にご参詣のお帰りに、愛宕神社の下を通った時、源平の梅が満開。
家光公は、梅を取って参れと命じましたが、あまりにも急な階段なので皆躊躇していました。
そのとき四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎が、山上の梅を馬にて石段をのぼり家光公に梅を献上し、日本一の馬術の名人と讃えらたと伝えられています。

愛宕神社-3
上から見ると、下から見るよりもっと急に見えます。
正面の坂(男坂)を出世の石段といい、曲垣平九郎以外にもわが宮城出身石川清馬他2名も成功しているようです。

愛宕神社-4
ここは登りきった頂上の社殿です。
愛宕神社がある愛宕山は標高25.7メートル、23区の中で天然の山では一番高い山です。

愛宕神社-7
これは曲垣平九郎の顔はめです。

愛宕神社-6
また愛宕神社は、西郷隆盛と勝海舟が、明治元年に会談した場所として知られています。
なので2人の顔はめもありました。
すぐ北には虎ノ門ヒルズもあり、眺めもきれいでした。

東京都港区愛宕1-5-3

日蓮宗大本山 池上本門寺(池上)

池上本門寺-1
東急池上線に乗って池上駅下車。
徒歩約5分で池上本門寺が見えてきます。
池上本門寺は、日蓮聖人入滅の霊場としても有名。

池上本門寺-3
此経難持坂を登ると仁王門が見えてきます。
空襲で焼けているので、再建されています。

池上本門寺-4
仁王門をくぐると大堂(祖師堂)が見えてきます。
こちらも空襲で焼け、再建されたものです。
中央の大型御宮殿(建築厨子)に日蓮聖人の御尊像を奉安し、向かって左に第2世日朗聖人像、右に第3世日輪聖人像を安置しています。

池上本門寺-6
そして五重塔。
2代将軍秀忠公の病気平癒祈願に建てられたものらしい。
関東に4基現存する幕末以前の五重塔のうち、一番古い塔のようです。

大野伴睦墓
ここ池上本門寺には、狩野探幽や力道山など有名人のお墓がたくさんあります。
大野伴睦のお墓、左に大きな虎がひかえています。

児玉墓
児玉誉士夫のお墓。
ロッキードで田中角栄元総理と同時期に逮捕され、日本の最後のフィクサーともいわれた。

松本幸四郎墓
松本幸四郎のお墓。
他に立派なお墓がたくさんありました。

蓮月−1
最後は池上本門寺を出てすぐにある古民家カフェ蓮月。
ここでコーヒーを一杯。
ひと息つきました。

日蓮宗大本山池上本門寺
東京都大田区池上1-1-1

増上寺(大門)

増上寺
増上寺は勤務先からもすぐのところにあります。
徳川家の菩提寺で、2代将軍徳川秀忠をはじめ、6人の将軍が葬られています。
江戸時代は東海道を通って江戸に入る旅人のランドマークにもなっていたと、ブラタモリでも紹介されていました。
すぐそばには現代のランドマーク、東京タワーもあります。


港区芝公園4-7-35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。