スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入谷 朝顔市

朝顔1
7月6、7、8に入谷鬼子母神を中心として、言問通りに約120軒の朝顔業者が並び、毎年40万人の人出で賑わいます。
浴衣を着た女性もちらほら。

朝顔2
結構大きな花の朝顔で、自宅で種をまいて育てたものとは、ちょっと違いますね。
ひと鉢2000円ぐらいですが、中にはもう少し高めの朝顔もありました。

鬼子母神
こちらは入谷鬼子母神。
入谷の鬼子母神と中山の鬼子母神と雑司ケ谷の鬼子母神とが霊験あらたかな事から古来より江戸三大鬼子母神と言われています。
スポンサーサイト

谷中銀座(谷中)

谷中2
谷中霊園から谷中銀座方面へぶらぶら。
よみせ通りの方から谷中銀座方面へ。
だんだん人が増えてきました。

谷中銀座2
ちょっと行くと谷中銀座の入り口。
結構せまい通りに人がいっぱい。
入り口上の看板が、なんとなく戸越銀座にも似てるような気がします。

谷中1
屋根の上には猫も。
それにしてもすごい人でした。

上野恩賜公園(台東区)

若冲1
上野公園(せい式には上野恩賜公園)。
美術館や博物館、動物園もあります。
東北の玄関口(古いかな)上野駅の西側です。

若冲2
東京都美術館に若冲展を観にきました。
すごい列で、70分待ち。
事前に入場券を購入していたので、並んで待ちました。

若冲3
これは観た後に購入した図録です。
3000円ですが、内容盛りだくさん、お得です。

谷中霊園(谷中)

谷中霊園1
上野から谷根千あたりをぶらぶらと放浪しました。
まずは谷中霊園。
ここはさくら通り、桜の花の季節は、桜のトンネルになりきれいなところです。

谷中霊園案内図
管理事務所で案内図をいただきます。
ここ谷中霊園は、徳川家15代目将軍慶喜や鳩山一郎・横山大観などの墓所があります。
都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれ、徳川慶喜など徳川氏の墓は寛永寺墓地にあります。

慶喜公墓所1
徳川慶喜公の墓所に着きました。
こちらは立ち入りできません。

慶喜公墓所2
柵の外には説明書きが書かれています。

慶喜公墓所3
入り口の所には葵の御紋。
威厳があります。

慶喜公墓所4
中には石碑もあり、こちらにも説明があります。

慶喜公墓所5
こちらが慶喜公のお墓。
古墳のような形をしています。
上部は茸石円墳(きのこいしえんぷん)のようです。

慶喜公墓所6
こちらは正室の美賀子さまのお墓です。
他にも徳川家のお墓が近くにありました。

お伝墓所
そこから管理事務所の近くにまで行くと髙橋お伝のお墓。
日本で最後に斬首刑に処せられた女囚。
仮名垣魯文の「高橋阿伝夜刃譚」のモデルとなり、「明治の毒婦」と呼ばれているようです。

お伝墓所2
詳しい説明があります。

天王寺五重塔1
幸田露伴の小説五重塔のモデルとなった五重塔跡。
1908年に天王寺より寄贈され、1957年に谷中五重塔放火心中事件で焼失するが、東京都が史跡に指定した。

天王寺五重塔2
こちらも写真と説明があります。

天王寺五重塔3
佐々木譲の警官の血にも登場する。
時間がなくて、ゆっくり散策できなかったので、また来てみたいと思います。

東京都台東区谷中7丁目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。